アクセシビリティ方針

当サイトは、情報通信アクセス協議会ウェブ・アクセシビリティ基盤委員会「ウェブコンテンツのJIS X 8341-3:2010試験実施ガイドライン優先度A(JIS X8341-3:2010 の達成等級「A」及び「AA」を含む)に準拠することを目標とします。

第1 方針

1.対象範囲

生産性向上支援コンサルティングウェブサイト(https://consulting.metro.tokyo.jp/seisansei/)配下のページを対象とします。

2.例外事項

以下は修正対応が困難であるため、目標の対象外とします。
1.修正用データが無い(修正できない)コンテンツ
2.過去に作成した画像及び動画の一部
3.外部から提供されたサービス及び付随するコンテンツ
4.PDFデータ
PDF等添付ファイルについては、W3C Working Group Note「PDF Techniques for WCAG 2.0」の翻訳が情報通信アクセス協議会ウェブアクセシビリティ基盤委員会実装ワーキンググループにおいて正式に公開されたのち対応方針を検討いたしますが、現時点においてはPDFデータに関する達成目標を以下のとおりとし順次対応を行います。

3.目標を達成する期限及び等級

2021年3月31日までに等級「AA」に準拠

4.追加する達成基準

確認

第2 ウェブアクセシビリティ検証結果

当サイトのJIS X 8341-3:2010に基づいた試験を実施し、その結果を公表します。
当サイトのうち、試験を実施したページにつきましては、達成等級AAに準拠しております。

1. 達成した等級

達成等級Aに一部準拠

2. 試験を実施したページ

JIS X 8341-3:2010試験実施ガイドラインに基づき、
生産性向上支援コンサルティングウェブサイト(https://consulting.metro.tokyo.jp/seisansei/)ウェブページ一式を代表するウェブページとランダムに選択したウェブページを合わせて選択する場合」にある方法を用います。

ウェブページ一式を代表するウェブページは以下の5ページとします。

TOKYO働き方改革宣言企業 生産性向上支援コンサルティング
https://consulting.metro.tokyo.jp/seisansei/

生産性向上支援コンサルティングとは|生産性向上支援コンサルティング
https://consulting.metro.tokyo.jp/seisansei/about/

関連事業・助成金の紹介|生産性向上支援コンサルティング
https://consulting.metro.tokyo.jp/seisansei/business/

コンサルティング実施事例|生産性向上支援コンサルティング
https://consulting.metro.tokyo.jp/seisansei/case/

業務改革|コンサルティング実施事例|生産性向上支援コンサルティング
https://consulting.metro.tokyo.jp/seisansei/case/business/

ランダムに選択したページは以下の3ページとします。

人材育成・教育|コンサルティング実施事例|生産性向上支援コンサルティング
https://consulting.metro.tokyo.jp/seisansei/case/education/

生産管理・設備|コンサルティング実施事例|生産性向上支援コンサルティング
https://consulting.metro.tokyo.jp/seisansei/case/facility/

セミナー情報|生産性向上支援コンサルティング
https://consulting.metro.tokyo.jp/seisansei/seminar/

3.例外事項

なし

4.依存したウェブコンテンツ技術

HTML5、CSS3、JavaScript 1.5

5.達成基準チェックリスト

達成基準チェックリスト

6.試験実施期間

2020年12月1日~12月20日

7.宣言する等級より上の等級で満たしている達成基準のリスト

7.2.1.3:キーボード操作に関する例外のない達成基準(AAA)
7.2.3.2:3回のせん(閃)光に関する達成基準(AAA)
7.2.4.8:現在位置に関する達成基準(AAA)

8.達成基準チェックリスト

凡例

【適用】
◯:達成基準は試験対象ページに適用されている
-:達成基準は試験対象ページに適用されていない

【適合】
◯:試験対象ページは達成基準を満たしている
×:試験対象ページは達成基準を満たしていない

達成基準チェックリスト

細分箇条 等級 達成基準 適用 適合 備考
2-1-1 A ユーザーの環境に左右されないデザイン
2-1-2 A コンテンツの情報と関係性を適切に記述
2-1-4 A 表示チェック
2-1-8 A コンテンツの意味や操作の順番
2-2-2 A テキストを用いて情報を伝える
2-3-1 A フレーム表示 対象コンテンツを含まない
2-3-2 A フレーム内にタイトルを付ける。 対象コンテンツを含まない
2-3-5 A 外部サイトを埋め込むタイプのインラインフレーム 対象コンテンツを含まない
3-1-3 A ナビゲーションのメカニズム
3-1-4 A 文書の構造の規定
3-2-3 A 東京都公式ホームページであると認識できる設定
3-2-7 A 各ページに到達できる手段の複数提供
3-2-8 A コンテンツの状況の変化
3-3-1 A サイト内検索機能・サイトマップ
3-4-1 A フッターの掲載やリンク
3-5-1 A アクセシビリティ方針
3-5-1 A 多言語対応・個人情報保護方針・著作権
3-5-1 A 技術について・法的事項
3-5-2 A 運営サイトの定期的な確認・見直し
4-1-1 A コンテンツに見出し・ラベル付ける
4-1-8 A フォーカスの移動
4-1-9 A 同じ機能性をもつコンテンツの識別
4-1-3 A コンテンツの理解のためのテキストでの説明提供
4-2-1 A ページタイトルを全ページにつける
4-2-2 A コンテンツの内容が分かるようなタイトルを付ける
4-2-4 A ファイル名にはスペースを使わない
4-3-1 A 文字コードの設定
4-3-2 A 日本語(ja)の指定
4-3-3 A (ja)以外の自然言語の指定 対象コンテンツを含まない
4-4-2 A テキストの200%までのサイズ変更
4-4-4 A 動きのあるものの一時停止・停止・非表示
4-4-5 A 単語内にスペースや改行コードを挿入しない
4-4-7 A 機種依存文字は使用しない
4-5-2 A テキスト及び画像化された文字のコントラスト比
4-5-3 A 視覚的な手段として色だけを使用しない
4-6-1 A 代替テキストなどの提供
4-6-2 A 高画質の画像や写真 対象コンテンツを含まない
4-6-4 A 動画や音声情報の使用と代替メディア 対象コンテンツを含まない
4-6-6 A 音声の再生・一時停止・停止 対象コンテンツを含まない
4-6-7 A 閃光するコンテンツは使用しない 対象コンテンツを含まない
4-7-1 A 適切な要素や属性を用いて記述する
4-7-2 A 入力フォームなどのわかりやすい説明提供 対象コンテンツを含まない
4-7-3 A フォームの情報はフォーム要素を用いる 対象コンテンツを含まない
4-7-4 A 内容の取り消し・確認・修正 対象コンテンツを含まない
4-8-1 A リンクの目的
4-8-6 A メインコンテンツ部分の前をスキップできるメカニズム
4-8-8 A イメージマップでの適切な代替テキスト 対象コンテンツを含まない
4-9-2 A FlashやJavaScriptの動作
4-10-4 A PDF形式で提供
4-11-1 A すべての機能をキーボードから利用できるようにする 対象コンテンツを含まない
4-11-2 A キーボードフォーカスが視覚的に認識できる操作提供 対象コンテンツを含まない
4-11-3 A 入力フォームでは時間制限を設けない 対象コンテンツを含まない