コンサルティング実施事例

建設業

【はじめてテレワーク活用】ペーパーレス化の推進と特定部署に限定しないテレワークの実施

  • 支援企業概略

    業界:建設業
    従業員数:9名
    支援期間:6ヶ月(5回)

  • コンサルタント概略

    テレワーク導入支援のスペシャリスト。IT環境の活用支援実績も豊富。

状況

・ペーパーレス化を推進したいが、顧客に図面を提案する場面など現在の環境では実施困難な業務があり、モバイル端末やグループウェア等のツールを充実させる必要がある。また、ITツールを充実させるための予算が不足している状態。
・テレワーク勤務は営業担当者のみが実施しているが、対象を事務職員にも拡大させたい。また、勤怠やセキュリティに関するルールが曖昧な状況を改善したい。

ゴール
設定

テレワークに必要な制度設計と環境の整備が完了し、本格導入ができている状態。

支援
内容

・ペーパーレス化の推進に向け、文書管理ルールの整備について助言。また、顧客への図面提案をWEB上で行うためのモバイル端末やグループウェア等のツールの導入に際し「はじめてテレワーク」の補助金が活用できることを紹介し、利用方法を助言。また、顧客にもペーパーレス化の背景を説明し、理解を求めることを助言。
・テレワーク時のルール作成について助言し、ルールの周知徹底と社員教育の重要性を説明。また、営業担当者だけでなく事務職員もテレワークができるように、在宅勤務やサテライトオフィス勤務の具体的な実施方法を説明。

結果

・予算の制約がある中で、ペーパーレス化を推進するために「はじめてテレワーク」の補助金を活用し、ツールを充実させることができた。また、新型コロナウィルス対応の必要性もあり、顧客の理解を得ながらペーパーレス化の促進ができた。
従来は個人の判断に任せていた勤怠管理やセキュリティ対策についてルールを明確化し、従業員全員で共有することができた。また、サテライトオフィスを新規契約し、全従業員がテレワークを実施しやすい環境を整備することができた。
  • 今後に向けたコンサルタントアドバイス

    勤怠管理やセキュリティ面のルールの作成および周知徹底により、安心・安全にテレワークを進める土台ができたと思います。今後は、新たに導入したツールの機能をフルに活用していただき、従業員の皆様のテレワーク環境がより充実していくことを期待しています。

  • 企業アンケート

    予算の制約があるなど当社固有の状況を把握して課題を見出し、毎回のコンサルティングで的確な助言をしていただきました。その結果、補助金をうまく活用して設備を充実させ、テレワークを推進することができました。