コンサルティング実施事例

医療・福祉

【はじめてテレワーク活用】環境・規定の整備や業務整理を支援

  • 支援企業概略

    業界:医療・福祉
    従業員数:約50名
    支援期間:7ヶ月(5回)

  • コンサルタント概略

    制度設計、ICT環境構築への助言のみならず、テレワークに関する説明会や管理職向けの研修の講師経験を通して幅広い支援を実施。

状況

・育児などを理由に退職する社員の就業継続のために在宅勤務導入を検討しているが、対象となる事務スタッフについて自宅で業務を行う環境や、テレワーク勤務規程等が整っていない。
・事務作業が増大していることもあり、業務の効率化などを目指している。

ゴール
設定

事務スタッフの在宅勤務導入に向け、環境や規定を整備し、テレワークのトライアル実施により課題整理ができている状態。

支援
内容

・業務内容やIT環境についてヒアリングを実施し、課題や問題点を整理。 事務スタッフが働いている現場を見学し、環境面などを直接確認。在宅時に使用できる端末や社内と連携できるコミュニケーションツールがないので、「はじめてテレワーク」の補助金を活用して整備することを提案。
・トライアルに際し運用ガイドラインやアンケート作成について助言を実施。また、在宅勤務で行う業務と社内勤務で行う業務を明確化し、在宅勤務者と社内勤務者とで、それぞれが別の業務を担当することを助言。

結果

「はじめてテレワーク」の補助金を活用し、不足していた端末やツールを導入することができた。テレワーク勤務規程と運用ガイドラインが完成し、事務スタッフの在宅勤務が実現できた。
・在宅勤務と社内勤務で実施する業務を明確にすることで、在宅勤務者は集中して入力業務を行う等、業務の効率化を進めることができた。
  • 今後に向けたコンサルタントアドバイス

    対象者を拡充させるためには、環境整備が必要となります。補助金や助成金を活用しながら、貴社に合った環境整備を行っていただければ幸いです。また、トライア後の本格導入に向けて、在宅勤務を継続的に実施できる環境づくりも引き続き行っていただくことを推奨致します。

  • 企業アンケート

    コンサルティングは大変参考になりました。導入時から親切、丁寧に指導をいただくことで、着実にテレワーク導入を実施することができました。今後、本格的に導入フェーズへの移行を検討していきます。