コンサルティング実施事例

製造業

【はじめてテレワーク活用】本社の管理部門だけでなく工場勤務を含めた全社導入を実現

  • 支援企業概略

    業界:製造業
    従業員数:24名

  • コンサルタント概略

    製造業の業務効率化・労務管理の支援実績多数。

状況

・本社勤務の経営層や営業職はモバイルPCを持ちテレワークを実施。管理部門の社員に対して在宅勤務の導入を検討中だが、工場勤務の社員には導入が難しいと考えている。
・テレワークに関する規定がなく、テレワークに必要なIT環境が不足している。
・業務の進捗管理をツールで行うことに反対している工場勤務の社員がいる等、社員の中でのテレワークに対する考え方にも温度差がある状況。

ゴール
設定

テレワーク導入に必要な、規定・環境の整備、社員の意識改⾰ができている状態。

支援
内容

・他社事例を⽤いて、⼯場勤務の社員でもテレワークが導入できることを紹介。導入が難しいと思われている部門や職種でも、⽅法次第で可能になることを説明。
・テレワーク導入にあたって必要な規定、ウェブ会議ツールやチャットツール、ペーパレス化ツール等、「はじめてテレワーク」の補助金を⽤いて全社的に導入する計画を立て、申請について助言。
・工場勤務の社員がチャットツールを活用できるよう、推進リーダーを設定するなどし、社員を巻き込んで導入する方法を助言。

結果

「はじめてテレワーク」の補助金を活用し、本社勤務・工場勤務問わず、ほぼ全ての従業員にノートPCを貸与し、外出先からアクセスすることが可能になった。
・社内のフリーアドレスも同時に実現し、チャットツールや業務管理ソフトの導入によって、より風通しがよくなり、生産性向上につながった。
  • 今後に向けたコンサルタントアドバイス

    今後、⼯場勤務の社員にも働きやすい環境を整備できるように、フレックスタイム制度の導入などを積極的に進めることを推奨します。また、チャットツールやウェブ会議ツールの運⽤ルールを改めて作成いただくことで、社員にとっても使いやすい制度になると存じます。

  • 企業アンケート

    他社ではどのようにして対応しているか等の具体的な事例を助⾔いただき参考になりました。また、コンサルティングの中で弊社の状況や課題、今後の取り組み内容をまとめていただいたりと、必要なニーズを引き出してもらえました。