コンサルティング実施事例

学術研究・専門・技術サービス業

トライアルを通じたコミュニケーション方法の確立

  • 支援企業概略

    業界:学術研究、専門・技術サービス業
    従業員数:約50名

  • コンサルタント概略

    ITコーディネーター資格を保有し、企業に合ったICT環境の選定・提案含めたテレワーク導入支援が可能。

状況

育児・介護中の社員や人材採用の為、テレワークの全社的な導入を検討している。今年度中にトライアル実施を検討しており、その際どういった問題が考えられるか他社事例を踏まえて相談したい。

ゴール
設定

テレワークのトライアルを通し、本格導入へ向けた課題・対策が整理されている状態

支援
内容

ヒアリングによりトライアル対象者よりも、上長が業務・労務上のマネジメントに不安を抱えていることが分かったため、短期的に実行可能な「チャットツール導入」「スケジューラーによる業務可視化・勤怠報告」を提案。また、トライアルにおけるルール策定や、終了後の対象者・上司・同僚に対するアンケート設問のサンプル提示といった検証設計を実施し、トライアルをサポートした。

結果

チャット等を活用したことにより、場所が離れていてもスムーズにコミュニケーションを取ることができ、上長の不安も払拭できた。また、トライアル実施時に挙がった、電話のとりつぎができないことや、社内サーバーにアクセスできないことなどの課題に対して、その後、社外で電話に出られるシステムや社外から社内サーバーアクセス可能なサービスの導入を検討いただき、来期本格導入へ向け引き続き取組を進めていただくこととなった。
  • 今後に向けたコンサルタントアドバイス

    推進担当者・トライアル対象者の方から明確に意見をいただけたことにより、本格導入へ向けた課題抽出・整理が実現できました。引き続き、利用する現場の方の声をもとに環境・ルールをブラッシュアップしていただき、「現場が使いこなせる」テレワーク制度となることを期待しております。

  • 企業アンケート

    中小企業では、日々の業務に追われ、新しい制度の導入などが後回しになりがちです。このように、外部のコンサルタントの方が、段階を追って方向性を示してくれるおかげで、安心して推進することができ、大変助かりました。