コンサルティング実施事例

学術研究・専門・技術サービス業

【はじめてテレワーク活用】本格導入に向けたツール・制度等の整備

  • 支援企業概略

    業界:学術研究、専門・技術サービス業
    従業員数:約25名

  • コンサルタント概略

    中小企業向け働き方改革支援専門家、業務プロセス整理の経験が豊富

状況

・テレワーク制度を整備することによって、BCP対策や社員が柔軟に働ける環境を実現したい。
・リモート環境の整備、複数あるITツールの棚卸し、社員のITリテラシーを向上させる必要がある。

ゴール
設定

テレワーク制度が導入できている状態。

支援
内容

・IT環境において現状使用しているものを棚卸しで整理し、不足する内容については「はじめてテレワーク」の補助金を活用して整備することを助言。
・新たなクラウドアプリの導入や、サーバー環境を整える必要が出てきた際には別途助成金を活用することを助言。社員がツールに慣れ活用するために、まずは予定表へのスケジュール入力の徹底をルール化することを決定した。
・厚生労働省「テレワークにおける適切な労務管理のためのガイドライン」を参考に決定すべきルールを優先して整備することを助言。

結果

テレワーク本格導入に向けて、ツールや制度等を整備することができた。テレワーク導入に取り組んだことにより、業務改善や今後の働き方について、社内で議論を進めることができた。
  • 今後に向けたコンサルタントアドバイス

    まずはトライアルを通じてテレワークの利便性を実感していただくことが、定着への早道です。テレワークを拡充していくために、まずは可能な範囲でテレワークを実施し、推進する風土を定着させていただきたく存じます。

  • 企業アンケート

    他社の事例などを上げていただき、具体的なイメージを持ちながらテレワーク導入を進めることができました。具体的な労務管理方法も助言いただき、大変参考になりました。