コンサルティング実施事例

情報通信業

【はじめてテレワーク活用】モバイル機器とリモートアクセスツールの整備による
テレワークの本格導入

  • 支援企業概略

    業界:情報通信業
    従業員数:約30名

  • コンサルタント概略

    中小企業のテレワーク導入支援実績多数。自身もテレワークを活用して、多様な働き方を実践。

状況

・テレワーク規程が整備されておらず、社外から安全に接続する方法を検討する必要がある。
・書類を扱う業務が多いことがテレワーク導入における懸念事項。

ゴール
設定

テレワークを導入する上で環境面やルール面などの留意点を明確にした上で、トライアルが終了し、本格的な導入に向けて準備が整っている状態。

支援
内容

・テレワーク規程の整備を行うにあたり、サンプルを用いて説明。規程には在宅勤務とモバイルワークのルールをそれぞれ整備し分かりやすく明記すること、使用回数について上限を設けること等を助言。
・環境整備については補助金を活用したいとのことから、「はじめてテレワーク」の補助金について概要を説明。ヒアリング内容をもとに必要な機器・機能としてモバイル機器と社外から安全にアクセスする機能を提示。
・書類を扱う業務はPDF化を行うことによりテレワークでも対応できる体制を整えた。

結果

正式に規程を整備する準備が整い、環境面でも「はじめてテレワーク」の補助金を活用することで必要な機器・ツールが整備できた。また、本格的な運用により対象が拡大した際には定期的に実施者へヒアリングを行い、円滑に運用していく体制を整備することができた。
  • 今後に向けたコンサルタントアドバイス

    今後トライアルを実施し、効果・課題の抽出内容をもとに本格的な導入を推進してください。また、導入後にもコミュニケーションやマネジメント方法について問題が生じる場合がありますので、実施者への定期的なヒアリングをもとに改善を続けていただくことをお勧めいたします。

  • 企業アンケート

    テレワークを初めて導入するにあたり、運用するうえでの不明点・不安な部分はあったが、他社事例等を紹介いただくなど分かりやすく説明していただけた。